京都桜家族 レゲエサウンドJAM BULLET公式ブログ GLAM BERRY JAM BLOG - グランベリーブログ -
"GLAM BERRY JAM" JAM BULLET×SAKURA MUSIC WORKS presents 1st FRIDAY DANCEHALL @River Side Lounge
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダディドラゴン打ち合わせ
おとついは、大阪の北加賀屋へ行って来ました。
080115_001.jpg

DADDY DRAGON氏とミーティング。

遊人の「眠れない」作ったトラックメーカーです。
「レゲエ野郎」の「GENKI-DESUKA?」(MIGHTY CROWN,TONY MATTERHORN,RICHIE FEELINGS)DING DONGの「GO AWAY」とか作った人!

レゲエ野郎

スーパーヒットメーカーっすねぇー。

今度、DRAGON FARM RECORDSの新シリーズで、
RIDDIM FACTORY」ってのが始まるんですが、それに合わせて大阪でダンス打とうっちゅー話で。
今んとこ、大阪北加賀屋にある、造船所の跡地にできた、PARTITAパルチッタとゆー、クラブでやりたいなーという事で。キャパ800人とかのでっかいとこ★

どーなるか詳細は追々。
これをきっかけに遊人、ジャンバレも大阪へ進出か・・!!????いや、したい!!


What is the DADDY DRAGON?
90年代に活躍した伝説のシンガー、ドラゴン・ターボの次男として、日本一のレゲエ蔓延地区大阪に生を受けたダンスホール界の寵児。幼少の頃より当然のようにレゲエに傾倒し、若干15歳で既にトラック・メイキングを開始。RYO the SKYWALKERのメジャー・デビュー・アルバム『HOW TO WALK IN THE SKY』へのトラック提供をきっかけに、本格的にトラック・メーカーとして名乗りをあげるや否や、その確かなメイキング・センスに注目が受け、数々のレーベルより依頼が殺到。現在ではトップ・トラック・メーカーの一人として、全国からあつい支持を受ける存在に。自身のレーベルDRAGON FARM RECORDSにおいても、大阪を中心に若手アーティストからビッグ・アーティストまで幅広くプロデュースを続け、現在までMIX CD形式のコンピレーション・アルバムを6作発表している。
また最近では、ya-lowプロダクションに提供されたリズム・トラック"ROCK&HEAVY”によるDING DONG「GO AWAY」やMIGHTY CROWN,TONY MATTERHORN,RICHIE FEELINGS「GENKI-DESUKA?」が、全世界のダンスホールを巻き込む大ヒットを遂げ、トラックメーカーとしての日本人の可能性を世界中に示し、業界を騒然とさせた。
ドメスティック・ダンスホールにおいて、より一層の独自性の向上が求められるなか、ジャマイカ産に引けを取らない”現場向きな”ダンスホール・ビートを作り出せる数少ないトラック・ メーカーとして、確実にその潮流のキーマンとなっていく人物である。

TOWER.JP
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1664535&GOODS_SORT_CD=104

―KOICHAEL
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gbj.blog73.fc2.com/tb.php/289-559c88b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。